受け口による顎関節症は治る!


生まれつき受け口で歯並びが悪く 顎関節症になった

"みゅーぱ"の  全治療を5分で理解するYoutube↓

30代になり突然体調がおかしくなり  病院で行う検査では異常なしなので  自分で色々調べると  どうやら顎関節症だと  わかりました。 

 

現状は以下のようなものです。

 

(1) 醜い反対咬合です。お化け扱いです。

 

(2) 歯並びが悪いです。

 

(3) 歯もボロボロです。

 

(4) 顎関節症の不定愁訴がひどいです。  口を膨らますと右の耳の後下あたりが  めりめりと音がして、  剥がれるような感じがします。 

 

(5) たまに耳の中がヒヤッと  冷たく感じることがあります。 

 

(6) 手の指が痺れることがあります。 

 

(7) 寝ようと横になったとき、  足の先も痺れてくることがあります。 

 

(8) 集中力、持続力が長く続きません。 

 

(9) 体の疲れが取れにくくなりました。 

 

(10) 寝付きが悪いです。 

 

(11) ヘルニアになり腰をかばってしまうため、  無理がききません。  実業団のバスケット選手であるのに  運動も全力で出来ません。 

 

(12) 体の抵抗力が弱くなっているようで  お腹を下して脱水症状を  おこすようになりました。 

 

(13) 子供の頃から歯並びが悪く  歯を見せると化け物扱いなので  人前で歯を見せて大声で  笑ったことがありません。 

 

歯を治し、みんなと一緒に  大声で思いっきり笑いたいです。 

 

どのような治療を受ければ  そのようになれるのでしょうか? 

 

みゅーぱ

結論:

 

アメリカ歯科標準治療のような治る治療を受ける。

 

説明:

 

みゅーぱのような  受け口は上記Youtube↑を見ると  目の見える人なら誰でもわかるように  明らかに異常であり  歯医者さんでさえ  ほとんどの人が  どうしてよいのか  わからないで戸惑う症例です。 

 

しかし、  山崎先生のように  このような難症例とされる  人たちの治療を毎日  20年以上もしていると  必要なものと  不要なものが見えてくるので  治療の道筋は  とても簡単に見つかるのです。 

 

よってみゅーぱに  必要なのは以下の治療です。 

 

・修復(虫歯、神経)治療 

 

・口腔外科(抜歯)治療 

 

・歯列矯正治療(ブラケット装着8ヶ月) 

 

・ホワイトニング 

 

以上の治療を  G.V. BLACK DENTAL OFFICEで  行った結果  どのようになったのかは  上記Youtube↑を見たあなたには  もうわかっているはずなので  ここでは詳しく述べません。 

 

01/04/15 

03/29/17 updated 

Norman Yamazaki, DDS.