少しのひどい治療による顎関節症


たった1つのブリッジのために 顎関節症になりうつ病になり 

長期休職しいた状況から  復活したMBKの治療の全容↓

顎関節症による不定愁訴で  長年悩んでおり  会社も長期休職しました。 

 

現在は復職していますが  調子が悪く将来が不安です。 

 

原因は以前  歯科治療に関する知識がなかった頃  抜歯されて  ブリッジにされたことにより  狂った噛み合わせだと  自分では思っていますが  治せる歯医者さんはいませんでした。 

 

どうしたら良いのでしょうか? 

MBK

結論:

 

G.V.BLACK DENTAL OFFICEのような治せる歯科医院で治療を受ける。

 

説明:

 

MBKのように  たったひとつのブリッジで  噛み合わせが狂い  醜い顎関節症で  悩んでいると言う人は  非常に多いです。 

 

若いうちは  なんとかごまかして  生きるだけの  免疫力があるので  体調不良にはなりませんが  30代になり40代になり  免疫力が低下すると  一気に問題が吹き出す  というパターンです。 

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは  このような人は珍しくはなく  問題がブリッジだとわかっているので  治療行程もわかりやすく  簡単な症例になります。 

 

山崎先生の治療計画は  こんな感じでした。 

 

・修復(虫歯、神経)治療 

 

・口腔外科(抜歯)治療 

 

・歯列矯正治療(ブラケット装着8ヶ月)

・ホワイトニング 

 

以上の治療を  G.V. BLACK DENTAL OFFICEで  行った結果  どのようになったのかは  上記 Youtubeを見たあなたには  もうわかっているはずなので  ここでは詳しく述べません。 

 

01/04/03 

08/07/14 updated 

Norman Yamazaki, DDS.